B型だもの。

分散化していく世界の片隅で。

カテゴリ: すごい人たち

酷暑の中、息をとめるように外出の用事を済ませ、クーラーの効いた部屋に戻り、シャワーを浴びる。できれば涼しくなるまで部屋から出たくない。ひたすら本だけ読んで秋を迎えたい。「一流たちの修行時代」は、少し前に読んだのを読み返した。ファーストリテイリング柳井正、C …
続きを読む

歴史を学ぶことは贅沢である。 まず、歴史を学ぶことによって、目の前の現実が何層にも奥行きを増す。 ヨーロッパの建築や絵画を観るときに、キリスト教の歴史を知っていれば幾層にも理解が深まるように。 単位であれ活版技術であれ、その成り立ちの歴史を知ること …
続きを読む

安藤忠雄さんと松岡正剛さんの本の中で、とても好きなエピソードがある。 例えば、街を歩いて空き地などを見つけると、「自分ならここに、こうつくる」とか、「ここが、こう開けていたら、面白い風景が出来るだろう」と言う具合に、自由気ままにスケッチを描く。頼まれもせ …
続きを読む
料理はM&Aと同じ? ミシュランシェフ松嶋啓介さんのお料理教室に行ってきた

お料理教室に行ってきた。講師はミシュランシェフの松嶋啓介さん。「No Cook, No Life」を掲げ、経営者や食関係者を集めて、不定期にプライベートの料理教室を開催しておられる。 ニース風サラダ。本式(!)のニース風サラダの材料は、トマト、茹で卵、玉ねぎ、ソラマメ、 …
続きを読む

すごく面白かった。東洋経済オンライン編集長として、同サイトのアクセスを一気に押し上げ、NewsPicks編集長に転身した佐々木紀彦編集長の本。 テクノロジーの進化によって、メディアの形が根底から変わろうとしている。それは、紙の新聞やテレビがネットに置き換わるという …
続きを読む