B型だもの。

分散化していく世界の片隅で。

カテゴリ: 面白い本

インフルエンザで久々に39度超の熱を出して寝込んでいた。病み上がりは疲れやすく、一週間ほどぼうっとした感じがしていたが、徐々に食事がとれるようになってくる。 病み上がりの食事というと、椎名誠の「銀座のカラス」を思い出す。主人公の松尾が夏風邪で寝込んだ後、 …
続きを読む
空いた時間でできる一番贅沢な仕事 「私の保存食ノート」

先週末は大寒波の予報だったので、家にこもって牛すじを煮ていた。火にかけておくだけの煮込み料理は、寒い日には暖房代わりにもなり、穏やかで満ち足りた気持ちになる。 そういうときに読み返したくなるのがこの本。明治42年生まれの著者のレシピ集。 冬なら、べったら漬 …
続きを読む
スパゲティをつくるのが幸せなら、人生は大体幸せだと思う

マンガごはんの再現レシピブログにハマって、最近スパゲティをつくるのが楽しくて仕方ない。 マンガに出てくる美味しそうなスパゲティベストといったら、やはりこれか。 ジョジョの娼婦風スパゲティとか。 美味しんぼのニンニクスパゲティとか。 (アワビの …
続きを読む

歴史を学ぶことは贅沢である。 まず、歴史を学ぶことによって、目の前の現実が何層にも奥行きを増す。 ヨーロッパの建築や絵画を観るときに、キリスト教の歴史を知っていれば幾層にも理解が深まるように。 単位であれ活版技術であれ、その成り立ちの歴史を知ること …
続きを読む

「dancyu」を購読しなくなって何年経つだろう。 2002年から2004年頃の「dancyu」は最高だった。ロオジェみたいなグランメゾンから「唐辛子特集」「缶詰特集」のようなマニアックな企画まで、超高級グルメからB級グルメの、とにかく「一流」が序列をつけずに並べられていた。 …
続きを読む