B型だもの。

分散化していく世界の片隅で。

カテゴリ: 面白い本

GWにはなるべく遠出しないことにしている。観光地はどこも高いし混んでいるからである。 風薫る季節に爽やかな自然に触れたり別荘で過ごしたり非日常を経験するのは、それは楽しかろうが、延々と続く渋滞に巻き込まれたり、明らかに需要バランスに傾きすぎた価格を支払うく …
続きを読む

いわゆる自己啓発的なビジネス書を読むことを、栄養ドリンクを飲むことにたとえている人がいた。 なんか、わかる。たしかに食べ物のように血肉にはならないかもしれないけれど、即効性があって、アドレナリンがドバドバ湧いてくる。 そういう本が栄養ドリンクだとすれば、 …
続きを読む
旅するように暮らすためのガイドブック「全国のR不動産」

移住という言葉がポジティブな文脈で語られるようになったのは、この数年のことではないだろうか。複数拠点に家を持ったり、週末だけ郊外で暮らすデュアルライフという言葉とかも。ITが進歩したりLCCが普及したりで、住む場所、働く場所を自分たちで選ぶということがあたりま …
続きを読む
「一人電通」的企画の仕掛け方 〜『「ない仕事」の作り方』みうらじゅん〜

みうらじゅんといえば、ゆるキャラや仏像ブームの仕掛け人。 「マイブーム」を広げるために行っている戦略を、私は「一人電通」と呼んでいます。 ネタを考えるのも自分。ネーミングするのも自分。デザインや見せ方を考えるのも自分。雑誌やテレビやイベントなどで …
続きを読む