B型だもの。

分散化していく世界の片隅で。

カテゴリ: 面白い本

自分が学校で受けてきた歴史教育を振り返ると、3つの不満がある。ひとつは史実の暗記にとどまり、現在とどうつながっているかという視点が希薄なこと。ふたつめは、経済の観点がないこと。みっつめはインテリジェンス(情報)の観点がないこと。歴史教育におけるこの3つを改 …
続きを読む

「第五の権力---Googleには見えている未来」。司法・立法・行政の三権で統治される国家権力。第四の権力であるメディア。では、第五の権力とは何か。 2025年、世界人口80億人のほとんどが、オンラインでつながる。これからの時代は、誰もがオンラインでつながることで、私た …
続きを読む

「デュアル」という概念が、いろんな世界を変えつつあると思う。 たとえば、二枚目の名刺を持つ人たち。企業内フリーランスのように働き、会社に属しながらも、社外の仕事を受けたりNPOを手伝ったり、クラウドソーシングで仕事する人々。 さらに、活動拠点を分けている人た …
続きを読む

DeNA南場智子さんのご著書「不格好経営」、とても面白かった。そしてやはり、最強のBlog。 少し前のエントリーだけれど、日本国内のすべてのワタナベ姓は、膝を正して読むべき不朽の名作。 DNA of DeNA「ア行の時代」 不格好経営―チームDeNAの挑戦 [単行本]南場 智子日本 …
続きを読む

この本を強引に一言でまとめるならば、「『One Piece』化する起業家たち」。その起業家群像を、著者が属するゼントほか二社をスケッチした後に、現代における起業家のつながりを分析。続く第二部では、日本の近現代を振り返りながら、「雇用」「労働」の俯瞰の中に「起業家」 …
続きを読む