谷崎潤一郎の作品の中で一番好きなのは、以下の一節。 たしか寺田寅彦氏の随筆に、猫のしつぽのことを書いたものがあつて、猫にああ云ふしつぽがあるのは何の用をなすのか分からない、全くあれは無用の長物のやうに見える。人間の体にあんな邪魔者が付いてゐないのは仕合せ …
続きを読む