B型だもの。

分散化していく世界の片隅で。

鎌倉滞在を決めて、鎌倉在住の友人に相談すると「魯山人ゆかりの窯で作陶体験をしたら」と勧められた。 大正14年に北野大路魯山人が北鎌倉・山崎に築いた「星岡窯」。魯山人が亡くなった後、野村証券会長であった北裏喜一郎氏が引継ぎ、現在では陶芸家の河村喜史氏が「其中窯 …
続きを読む

旅の目的はいつも食である。 今回の鎌倉滞在では、ずっと外食だった。せっかくAirbnbでキッチンつきの家を借りたので、コーヒーと焼きたてのパンとか、鎌倉野菜を買いこんで夕方の明るいうちから料理してホームパーティーなんかやってみたかったが、行ってみたい店も多すぎ …
続きを読む

鎌倉に暮らすように旅してみたいとかねてから思っていて、Ainbnbで良い物件を見つけたので、このGWに実行することにした。 ロシア文学者の神西清氏などが居住していたという由緒ある平屋古民家。 Ainbnbの宿泊には3種類あり、まるまる貸切・個室・シ …
続きを読む

GWにはなるべく遠出しないことにしている。観光地はどこも高いし混んでいるからである。 風薫る季節に爽やかな自然に触れたり別荘で過ごしたり非日常を経験するのは、それは楽しかろうが、延々と続く渋滞に巻き込まれたり、明らかに需要バランスに傾きすぎた価格を支払うく …
続きを読む

用事があって大井町に行った。大井町は旨い店がたくさんある。あれこれ楽しく迷いながら「丸八とんかつ 本店」ののれんをくぐった。 1階はカウンター席が10席ほど。2階は座敷になっているらしい。 並ロース定食、上ロース定食などの料理が並ぶメニューをひととおり眺めて、 …
続きを読む

いわゆる自己啓発的なビジネス書を読むことを、栄養ドリンクを飲むことにたとえている人がいた。 なんか、わかる。たしかに食べ物のように血肉にはならないかもしれないけれど、即効性があって、アドレナリンがドバドバ湧いてくる。 そういう本が栄養ドリンクだとすれば、 …
続きを読む

移住という言葉がポジティブな文脈で語られるようになったのは、この数年のことではないだろうか。複数拠点に家を持ったり、週末だけ郊外で暮らすデュアルライフという言葉とかも。ITが進歩したりLCCが普及したりで、住む場所、働く場所を自分たちで選ぶということがあたりま …
続きを読む

大人になったら銭湯にいって、帰りにビールをキューッと飲むのが夢だった。 それから幾星霜。平日の夕暮れ時、ふと時間ができて、その夢を叶えようと思った。 北里大学沿いの通りは、大村智氏のノーベル賞を商店街あげて祝っている。白金高輪と広尾の中間に位置するオシャ …
続きを読む